福岡県高等学校教育研究会

Fukuoka High school Educational study group

  • フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく
Home 会長挨拶

会長挨拶

Eメール 印刷 PDF

ごあいさつ 

1hp
福岡県高等学校教育研究会会長
岡本 圭吾

(修猷館高等学校 校長)

  合屋伸一 前会長の後任として令和3年度の会長を務めさせていただきます、修猷館高等学校 校長 岡本圭吾でございます。
 会員の皆様方のお力添えを賜りながら、教育者としての誇りと使命をもって研修の充実と相互のネットワークづくりを図り、本県教育の充実発展に寄与していけるよう、微力ながら尽力していく所存です。よろしくお願いいたします。
 福岡県高等学校教育研究会は昭和46年に発足し、本年度は節目の50周年を迎えます。本会はその綱領及び基本方針のもと、これまで高等学校教育の研究団体として、本県高等学校教育及び特別支援教育の信頼向上、充実発展に多大なる貢献を続けてきたところです。
 さて、昨年度、合屋会長のもと昨今の研究活動の課題を踏まえ、50周年を機に研究体制を一部見直し、より自由度が高く、より実態やニーズに近い研究活動を推進するという構想が立てられました。本年度は、その構想の実現に向け、新たな研究活動の体制を実施してまいります。
 この実現によって、福岡県の教育により実りのある成果が還元されるとともに、高教研の活動が新たなスタイルへと転換されるものと考えられます。併せて、多くの先生方にこのような高教研の趣旨と充実した講演や新たな取り組みを広く理解してもらえるよう広報の工夫を図りながら、志の高い新たな仲間づくりを進めてまいります。
 昨年度は、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、ほとんどの活動が中断し、会員の皆様には、お互いに研鑽を積むことができず、忸怩たる思いであったと推察いたします。本年度は、このコロナ禍において皆様の知恵をお借りして、十分な感染防止対策を図った上で、通常の活動と50周年記念事業(令和4年度を含め2年計画)を可能な限り実施し、新たな研究活動の体制づくりに努めたいと考えています。
 折しも、中央教育審議会から令和3年1月に「令和の日本型学校教育」の構築を目指す答申が出されました。そこには、子供の学びの姿・教職員の姿・それを支える環境について「こうあってほしい」という願いを込めて、一人一人の子供を主語にする学校教育の目指すべき姿が具体的に示されました。また、ニューノーマル、今までの当たり前が通用しないポストコロナ期にあっては、答えがわからないからこそ、一から一緒にみんなで考えようとする姿勢が大事になってきます。その他、AIとの共存について等々、私たち教職員が学ぶことは増え続けていくことでしょう。
 このように課題が多様化・複雑化するにつれて、教職員がチームとして取り組むことが、ますます重要になってきました。だからこそ、人と人とのつながり、ネットワークが効果を発揮します。ここに本会の存在意義があり、お互いに研鑽を積む高教研の仲間が、それぞれの学校で主体的に力を発揮することで、本県の高等学校教育が力強く前進していく原動力になることを期待しています。
 最後になりますが、会員の皆様のご健勝と一層のご活躍を祈念するとともに、皆様のご理解とご協力を切にお願いいたしまして、ご挨拶とさせていただきます。

最終更新 2021年 7月 26日(月曜日) 15:04  

Copyright © 2008 福岡県高等学校教育研究会 All Rights Reserved.